成澤 広幸の気まぐれ入間日記〜サ・イターマ!!!〜

アクセスカウンタ

zoom RSS レッド・クリフ〜Part1&2〜

<<   作成日時 : 2009/06/05 22:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

いや〜一週間終わりました。明日から休みですね。

僕が現在音楽をやるにあたって決してはずせない要素が『映画』です。

僕に常にインスピレーションを与えてくれます。

そんな映画を時系列とは順不同で紹介していきたいと思います。見た映画全部紹介するのは流石に無理ですからな・・・。

という訳で第一回はジョン・ウー監督作品『Red Cliff1&2』です。

http://www.fooooo.com/watch.php?id=55e76f8d3b0edbf0a05346af8d0da329

ジョン・ウー監督と言えば記憶に新しいのは『ミッション・インポッシブル2』でしょうか。
正直言うと僕的には彼の作品は『フェイス・オフ』と『ブロークン・アロー』以外は見なくていいんじゃないかって思ったりしますww(ファンの方ごめんなさい)


ジョン・ウー監督の定説として『必ず鳩が登場する』というお約束があります。

野外はもちろん、教会の中や地下の洞窟の中・・・。

なんでこんなとこに鳩いるのよwwって状況で鳩が飛びます。

よって彼の映画に見慣れると鳩が登場しただけでクスッと笑えます。

僕の友人との間では『アクション映画で鳩を飛ばしたら誰でもジョン・ウーになれる』という皮肉なジョークも存在するほどです。

そんな彼の「三国志」。僕は北方謙三・三国志とNHKの人形劇・三国志、それから本宮ひろ志の『天地を喰らう』の大ファンでして、正直公開前から楽しみでした。

制作費の何億かをジョン・ウー監督が自腹切って製作したそうで、かなり気合い入ってます。Avexが過大に宣伝広告をしていましたね。

アクションシーンは物凄い迫力です。かなり金かけただけあり三国志を知らない人でも楽しめます。
冒頭は趙雲が劉備の息子・阿斗を命からがら助け出す有名なシーンから始まります。
(後の歴史を考えると阿斗はここで死んだほうが良かったんじゃないかと思う三国志ファンはぼくだけではないはずだ)

ジョン・ウー監督は趙雲がかなり好きなようで1ではかなりフューチャーされています。趙雲のあまりにも人間離れした戦い振りに『凄ぇww』と思わず笑ってしまいました。


言ってしまえば突っ込みどころは満載です。

関羽と張飛が思いのほか小さかったり、張飛の戦い方が物凄く猪突猛進型で代名詞とも言える蛇矛なんて一切出てこなかったり。
劉備が『それって人徳ってイワねぇww』って感じのただの優しいおじさんだったり。

夏侯惇が眼帯してなくてしかもちょっとしか出てこなかったり・・・。

それと1は無駄なシーンがやたらと多くて溜息が出ました。まずはトニー・レオンに「ジョン・ウーはラブシーンの撮り方が下手だね」と言わしめた、周瑜と小喬のねっとりとしたラブシーン。

それだけならまだしも何故そんな巻き方をするのか不思議な、怪我をした周瑜の傷に小喬がねっとりと包帯を巻くシーンもウザいです(笑)。


それから孔明と周瑜の琴を使った無駄なセッションもいらないwww


2のほうが無駄なシーンが少なくバランスが良かったように思えます。タイトルの赤壁の戦いで、船が燃えるシーンでは何故ジョン・ウーがこの映画を撮りたかったのかが存分に理解出来る迫力。思わずうぉーっと口にしてしまいました。

気に喰わないところはたくさんありましたが、僕はそこそこ楽しめましたです。そこそこ満足家族で見るもよし!カプールで見るもよし!

映画が始まる前に『誰でもわかる三国志講座』が流れるのでほんとに誰でも楽しめます。これを機に三国志ファンが増えるといいですね。(もう充分いるかww)

ちなみに僕はマトリックスを作ったウォシャウェンスキー兄弟に三国志撮って欲しいです。呂布と関羽と張飛の戦闘シーンをバレットショットで是非とも撮影していただきたい・・・。



評価:☆☆★★★  3点







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
なりさんおっす!
いつも僕のブログにコメントしてくれてありがとう!
実はすごくうれしいです!!

レッドクリフは結局1しか観れませんでした。
1の出来があんな感じだったので2はDVDでいいかなと。

でも火計のシーンは確かにすごそうっすね!
それは劇場で観たかった。

僕的には、趙雲役の方が僕の友達にそっくりで感情移入できなかったのと、甘寧役が中村獅堂というのが納得いかなかったですね。

次は誰か「水滸伝」映画化してくれないかなw。
mdakedos
2009/06/11 00:31
実は凄く嬉しいのか!!

でもねぇ、2の方がバランスいいよ。脚本クソだけどねwwラストとかありえないっす。
なりさん
2009/06/11 20:48

三国志の人形劇面白かったよね。小学生の頃、朝やっててよく見てた(^^)

前に1の事言ってたよね。関羽と張飛が小さくて迫力なかったとか、ラブシーンうざったかったとか(笑)実は1も2もまだ見た事ないんだ〜。見る気失せちゃって(^^;)

夏侯惇あまり出てないんだ〜。結構好きですww

周りに三国志ファン居ないから語りたくても語れない・・・(笑)
ゆっけ
2009/06/12 09:05
まぁ別に絶対見なさいよっほどでもないからね〜。
ただ三国志ファンを名乗るのであれば見て損はない。アクションが凄いから。

つーか人形、ゆっきーが子供の時に劇再放送やってたんだね。知らなかった…。

なりさん
2009/06/13 18:23

じゃあ見てみよっかな(^^)

うん、やってたよ〜!日曜日放送してたから毎週見てたよ!その頃は意味分からずに見てたけどね(笑)
ゆっきー
2009/06/14 23:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
レッド・クリフ〜Part1&2〜 成澤 広幸の気まぐれ入間日記〜サ・イターマ!!!〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる